歯茎の出血は危険のサイン

27 11月 2013

歯磨きをしていたら歯茎から出血した、という経験はないでしょうか。この症状は、普段歯磨きをサボる事が多いという人に起こりやすいといわれています。歯を支えている歯茎は、実は毛細血管が多くある箇所なので、普段歯磨きなどでマッサージを行わないと、固めの食べ物を食べたくらいの衝撃が歯にかかるだけで出血が起こってしまいます。見栄えも悪く、血を見るのは精神衛生上良くないので、出来れば歯茎からの出血が起きないように普段から歯磨きをしていて欲しいです。

歯茎から出血といっても虫歯などと比較して大したことがない、と考えてそのまま放置する人は多いようです。しかしそれを放置していると、場合によっては虫歯以上の被害を歯にもたらします。歯茎の出血は歯周病のサインなのです。歯周病は、歯茎に細菌が繁殖しやすい環境が生まれることで発生します。歯茎の老化速度を加速させ、放置していると若くして総入れ歯となる危険が大きいです。

せっかく虫歯の無い口内であったとしても、それを支えられない歯茎では意味がありません。歯の健康は、歯茎のケアも必要なのです。歯茎からの出血は危険を知らせるサインなので、歯磨きは小まめに行い歯茎を鍛えて欲しいと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする